POSシステムで明るい未来を手にする【未来予想機】

売上を集計する

カシオのネットレジは売上集計管理サービスを導入する事によって、売上の数字を携帯やパソコンから確認できる優れたレジスターです。 レジスターでの清算後に売上をセンターに自動集計するため、本部や営業担当者がタイムリーな売上情報を把握できるようになります。商品や時間帯ごとの売上帳票とグラフを自動で作成してくれるので、集計サービスにログインするだけで、視覚的に分かりやすい売上情報が手に入ります。 集計にかかわる時間が減れば、その作業の担当者も別の仕事ができ、人件費の節約に繋がります。人材を単純作業に張り付かせるのではなく、売上データから予測される売れ筋商品の手配や、長期的な商品開発といった、思考を伴う機械ではできない仕事に時間を振り分けることができます。

魅力的なカシオのネットレジと売上集計サービスですが、導入した場合のランニングコストを見ていきましょう。 いずれも消費税別で、レジスター一台あたり初期費用3,000円、そして基本料が月額680円、通常の売上集計管理サービスが月額5,000円からとなっており、決して高額というわけではありません。1店舗内で2台目以降の集計サービスは1,000円で増設することもできます。 このサービスが使えるカシオのレジスターは、単独で大手ネット通販サイトや量販店で購入でき、後から売上集計のサービスを導入することができるようにもなっています。 探す際は、ネットレジのサービスを利用できると明記してある機種を選びましょう。売上集計サービス対応と書いてある場合もあります。 なお、ネットレジに対応したカシオのレジスターは、6万円前後から購入できます。予算と相談しながら、機能が充実したシリーズと比較していきましょう。